どれだけの時間が残されているのでしょう?

「耐用年数が切れるから、もう時間がないんだ」
そんな話を、あちこちで聞きました。
でも、耐用年数とは、そもそも何でしょう?

「耐用年数」の50年というのは、法人税を課税する際の減価償却計算で使う法定耐用年数を目安としています。「建造物の寿命」とは全く違った言葉なのです。
そもそも、平成10年度の税制改革によって学校法人への減税が行われるまで校舎の法定耐用年数は60年でしたし、耐震改修も済ませた校舎が、なぜ改築時期なのでしょうか?

ソース:12ページ

話し合う時間を切り上げる根拠として、「耐用年数」とは便利な言葉かも知れません。 しかし、なぜこんなに急ぐ必要が有るのでしょう?